40代サラリーマン『やすべえ』のメモ帳

ごく普通の40代サラリーマン『やすべえ』が、思った事や、感じた事、撮った写真などを記録するメモ帳型ブログ

[恵比寿]再開発の先駆け的存在『恵比寿ガーデンプレイ』 は、進化し続ける大人の街だった。

f:id:yasubelog:20190117095838j:plain

お題「今日の出来事」

こんにちは、こんばんは、やすべえです。

 

 寒い日が続きますが、読者の皆さまは体調など崩されていませんか?

 私自身は、8連休で心身ともにリフレッシュした為か、至って健康そのものです。

 しかし、娘の通う学校では、徐々にインフルエンザが流行りだしている様で、一昨日は、3名の生徒が早退したとの事でした。

 私自身は、大丈夫でも娘がウィルスをもらってくる。という場合もある為、少し心配です。

 

 今日は、特に書くネタもない為、先日、このブログでも紹介した俺のbakery&cafeで妻と娘が順番待ちをしてくれてた時に、私が恵比寿ガーデンプレイス内を撮影した写真をアップしていきたいと思います。

 

yasubeblog.hatenablog.com

 

 

 

 

恵比寿ガーデンプレイスとは?

 

 出来てからだいぶ経ちましたが、言わずと知れた都内の人気スポットの1つ恵比寿ガーデンプレイス

 せっかくなので、恵比寿ガーデンプレイスの歴史について少し触れたいと思います。

 

恵比寿ガーデンプレイスの歴史

 

1887年(明治20年)9月6日、日本麦酒醸造(のちの日本麦酒サッポロビール、現・サッポロホールディングス)が目黒村三田(現在の目黒区)、渋谷村(現在の渋谷区)にまたがる地帯に設立した工場で「ヱビスビール」を製造し始めたのが始まり。日本鉄道がヱビスビール輸送用の駅「恵比寿駅」を設立し、その後、正式に「恵比寿」が町名となり、定着した。
1988年(昭和63年)7月20日、渋谷区近辺の都市化や、郊外への工場移転が進んだことに伴い工場は閉鎖。土地の再開発事業が1991年(平成3年)8月26日に開始され、1994年(平成6年)10月に竣工した。
不動産の共有持ち分15%を、2008年(平成20年)にモルガン・スタンレーに売却したが、2012年(平成24年)に再取得して単独所有となった。

引用:恵比寿ガーデンプレイス - Wikipedia より

 

 恵比寿ガーデンプレイ敷地内には、色々と建物がありますが、その1つにヱビスビール記念館という建物があります。

 そこで、有料になりますが、「ヱビス」のすべてを知ることのできるヱビスツアーという試飲付きのガイドツアーが定期開催され、パネルなどの展示物を見ながらヱビスビール・恵比寿の歴史触れることができます。

 以前から興味があり、私自身も参加させていただきました。その内容については、後日、このブログで紹介させていただきたいと思います。

 

 

www.sapporobeer.jp

 

 

恵比寿ガーデンプレイ敷地内について

 

 全ての建造物の写真は撮れていませんが、公式ホームページに分かりやすいマップがありましたので貼り付けさせていただきたいと思います。

 

f:id:yasubelog:20190117085247j:plain

出典:恵比寿ガーデンプレイスタワー | ショップ | 恵比寿ガーデンプレイス より

 

 私の記憶では、1994年のオープン当時、芸能人御用達のTSUTAYAが、図の[M]の所にあった様な気がしますが、いつの間にか、ノジマ REIME SELECTION EBISUに変わったようです。

 このマップに沿って、写真を貼り付けていきたいと思います。

 

[A]恵比寿ガーデンタワー

 

 恵比寿ガーデンプレイスタワーは、高さ167メートルの高層オフィスビルであり、恵比寿ガーデンプレイスにおける最も大規模な建物となっている。

 内部には三越が運営する専門店街『グラススクエア』、エスパシオ、恵比寿ガーデンプレイス郵便局などが入居している。

引用抜粋:恵比寿ガーデンプレイス - Wikipedia より

 

f:id:yasubelog:20190117090310j:plain

OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ + M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8

 

 私の腕の問題もあると思いますが、あまりの高さゆえ、付けていたレンズ(M.ZUIKO DIGITAL 25mm)では、全てをおさめきることが出来ませんでした。

 

 

 

[C]ビアステーション

 

時計広場のそばにあるビアレストランで、ニユートーキヨーにより営業されている。
かつて、敷地内に工場の建物(倉庫)の一部と、敷地内で使用していた線路の一部に設置した客車とEF58形電気機関車を利用したビアガーデンやレストラン「ビヤステーション恵比寿」が存在していた。入り口は現在のエントランスパビリオンの辺りにあり、施設の位置は入り口右手の坂を下った周辺に位置していた。客車や機関車を設置した線路は山手線の線路に面していた。営業終了後は保存されることなく解体された。この当時の「ビヤステーション恵比寿」は工場閉鎖後も再開発事業開始の前まで営業していた。

 引用:恵比寿ガーデンプレイス - Wikipedia より

 

f:id:yasubelog:20190117091004j:plain

OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ + M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8

 

 恵比寿駅から恵比寿スカイウォークで恵比寿ガーデンプレイ敷地内に入ると、真っ先に目につく大きな建物です。

 

 

[E]ヱビスビール記念館

 

1890年の発売以来、時代を超えてご愛飲いただいてきたヱビスビール生誕120年の節目である2010年2月25日に、「ヱビスビール記念館」がオープン。
当記念館は、日本国内では珍しい、単独商品のブランドを冠した施設であり、ヱビスファン、ビールファンのみならず、幅広いお客様に十分に楽しんでいただけるアミューズメント施設。

引用:エイジゲート | サッポロビール より

 

f:id:yasubelog:20190117091607j:plain

OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ + M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8

 

 ヱビスビール記念館の正面口になります。併設する恵比寿三越の地下一階を抜けると正面口が見えてきます。

 

記号以外の建造物編

 

坂道のプロムナード

 

f:id:yasubelog:20190117092617j:plain

OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ + M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8

 

 マップ内の[A]恵比寿ガーデンタワーと、[C]恵比寿三越の間に位置する場所で、恵比寿ガーデンプレイがテレビで取り上げられる時などに必ず映る象徴的な場所です。屋根がある為、屋外イベントなども行われます。

 私が訪れた時は、赤い絨毯が敷かれていました。調べた所、恵比寿ガーデンプレイスイルミネーション[開催期間:2018年11月3日(土・祝)~2019年1月14日(月・祝)]によるものの様です。

 


恵比寿 ガーデンプレイス クリスマスイルミネーション2014: Christmas Illumination TOKYO JAPAN[HD]

 

 

俺のbakery&cafe

 

f:id:yasubelog:20190115094452j:plain

 

 マップ内の左下にある小さな建物です。

 オープン当時は、ベーカリーショップのサンジェルマンだったと思いますが、今は俺のbakery&cafeとなっております。

 以前、このブログでも紹介させていただきました。その時の記事を貼り付けておきますので、気になる方はお読みください。

 

yasubeblog.hatenablog.com

 

 

時計広場のモニュメント

 

f:id:yasubelog:20190117093845j:plain

f:id:yasubelog:20190117094855j:plain

OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ + M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8

 

 恵比寿ガーデンプレイ敷地内に入って、すぐの時計広場にあるモニュメント。

 実はこのモニュメント、言わずと知れた人気スポットで、記念写真を撮られる方が跡を絶ちません。私が撮影している合間も、色々な方が写真の様に、写真を撮っていました。

 

 妻に教えてもらったのですが、この場所、人気ドラマの「花より男子」の第1シリーズ第4話で、牧野つくし(井上真央)と道明寺司松本潤)は初デートの際、待ち合わせ場所として道明寺が指定したのが、この時計広場との事でした。

 その為、ファンの中では、聖地的な場所との事です。

 

 その事を書いたasahi.comの記事がありましたので、以下にリンクを貼っておきます。

 

www.asahi.com

 

 以上が私が、待ち時間に撮った写真でした。

 

 

まとめ

 

 いかがでしたでしょうか?2020年のオリンピック時期にかけ、色々と話題のスポットが誕生していますが、再開発の先駆け的な存在の恵比寿ガーデンプレイ。大人の雰囲気漂う、非常に居心地の良い空間でした。

 よかったら、今度の週末にでも訪ねてみては如何でしょうか?敷地内には、他に映画館やホテルもあり一日いても飽きない場所となっています。

 私の記事を読み、行ってみたいなぁ〜。と少しでも思っていただければ、嬉しく思います。

 

 それでは、最後までお読み頂きましてありがとうございます。もしよろしければ、『☆』、もしくは『読者登録』ポチをお願い致します。
 これにて、失礼させて頂きます。

定期連載 第51回_190116 目指せ!億万長者への道

f:id:yasubelog:20180718132113j:plain

出典:Stunning Free Images · Pixabay より

 

 こんにちは、こんばんは、やすべえです。

 

 昨日のブログで書きましたが、8連休も終わり久々の出社となりました。

 お陰様で席も有り、エンジン全開とはいきませんでしたが、何とか1日が終了いたしました。

 

 

 それにしても、さすがに8日間も休むと、予想はしていたものの、社内メールが大量に来ているのにビックリ!です。

 

 私の会社に限った話かもしれませんが、社内メールで直接私宛のメールでなくても、情報共有の為にCC、もしくはBCCで送られて来るメールがかなり多い…。

 その結果、メール量が増えてしまう。という経験、無いでしょうか?

 おそらく差出人は、親切心で送って頂いているのだと思いますが、この類のメールが本当に多い。うーん…。どうなのでしょうか?

 

 まあ何はともあれ、無事連休明けの初出社が無事に終わりました。

 

 

 今日は、いつにも増して話が飛んでしまいますが、実はこのブログの存在が、遂に妻にバレてしまいました。と言うより、バラしてしまった…。が正確でしょうか。

 以前ブログでも紹介した、成城石井の記事がバズった話を関西旅行から戻った翌日、嬉しすぎて妻に話した結果、妻が話の内容から検索し、このブログの存在がバレてしまいました。

 

 因みに、その時の記事がコチラです。

 

yasubeblog.hatenablog.com

 

 

 妻が私の過去記事を一通り読んだと後、ある記事の内容にご意見を。

 

 ある記事というのが、実はこの「目指せ!億万長者への道」の企画でした。

 と言うのは、あまりオープンにし過ぎなのでは?との事。

 万が一、高額当選してしまったら、その事を公にするのはどうか?と言う内容でした。

 数億円当選し、その事を人に言いふらした結果、不幸になったという人は、かなり大勢いいる様です。そして、このままでは、間違いなく、その仲間りをしてしまう羽目に…。

 まあ、私としては、当たらないのを前提にやっているところはあるものの、万が一もの可能性もあるので、今後は、初期の頃に戻り、宝くじの数字はボカシを入れる事とします。

 

 それでは、だいぶ脱線してしまいましたが、第51回目になります「目指せ!億万長者への道」をはじめたいと思います。

 

 

  

本題…第51回目『目指せ!億万長者への道』スタート

 

まずは、先週購入した宝くじから振り返ってみたいと思います。 

 

先週購入した宝くじの振り返り

 

 先週をお読みの方はご存知だと思いますが、購入したタイミングで、第49回購入分のロト7の抽選結果の確認が出来ませんでしたので、前回の第50回購入分のロト7、ロト6ミニロトの抽選結果と合わせて確認したいと思います。

 

第49回購入分

  • ロト7 第0299回 抽せん日 2019/01/11 1口300円 2口

第50回購入分

  • ロト7 第0299回 抽せん日 2019/01/11 1口300円 2口
  • ロト6 第1345回 抽せん日 2019/01/14 1口200円 1口
  • ミニロト 第1008回 抽せん日 2019/01/15 1口200円 1口

  合計6口、1,600円分の結果を確認したいと思います。

 

 

先週の宝くじの結果は?

 

 結果はどうだったのでしょうか?

 

 

 第49回目購入分

  •  ロト7は、1行目は、本数字2つ合致、ボーナス数字が1つ合致するも、惜しくもハズレ。続いて、2行目は、本数字は、3つ合致するも、ボーナス数字が1つも合わずにハズレ

 

第49回目購入分

  • ロト7に関しては、1行目は、本数字が1つ合致するも、ハズレ。2行目は、本数字が2つ合致するもハズレ
  • ロト6に関しては、本数字が1つ合致するも、ハズレ
  • ミニロトに関しては、全てハズレ

 

 第49回分・50回購入分ともに全てハズレてしまいました…。

 ロト7に関しては、第49回・50回購入分と、いづれも非常に惜しい結果でした。また、6等(約1,000円)でもいいので当たらないものでしょうか…。

 うーん、本当にあともう少しで…。という結果でした。

 

 

1月16日(水)購入した宝くじがコチラ!

 

 次に今回購入した宝くじをご紹介したいと思います。 

 

 今回は、以下の内容で購入いたしました。 

 

  • ビンゴ5 第0099回 抽せん日 2019/01/16 1口200円 1口 
  • ロト7 第0299回 抽せん日 2019/01/18 1口300円 2口
  • ミニロト 第1008回 抽せん日 2019/01/22 1口200円 1口

 

 合計1,000円分を購入

 

 因みに、今回購入した宝くじ券 がこちら。

 

f:id:yasubelog:20190116103559j:plainiPhone8

 

 今回から妻のご指摘により、数字にボカシをいれさせて頂いています。

 購入宝くじに関しては、以前の基本パターンに戻り、ビンゴ5を1口、ロト7を2口、ミニロトを1口の1,000円分購入いたしました。 

 

 結果については、また来週水曜日(予定)に、またこのブログで発表したいと思います。

  

 

累計成績

 

 それでは、最後に累計の成績発表です。 

 

 先週までで合計50となりますので、累計成績は以下のようになります。

 

  • 50戦7勝43敗
  • 総投資金額:49,700円、回収金額:18,100円 収支:ー31,600円

※今回購入分は除いて書くルールとします。また、投資以上、もしくは同じ金額の回収があった場合は、勝ちとしてカウントいたします。 

 

 本当にこの連敗は、何処かで止まるのでしょうか?

 こんな他人任せな感じだから駄目なのでしょうか?(笑)

 

  

まとめ

 

 それにしても、今回は、ロト7に於いて、本当に、あと、もう少し…。という結果でした。 

 来週を信じ、また懲りずに頑張っていきたいと思います。

 

 

 それでは、最後までお読み頂きましてありがとうございます。もしよろしければ、『☆』、もしくは『読者登録』ポチをお願い致します。
これにて、失礼させて頂きます。