40代サラリーマン『やすべえ』のメモ帳

ごく普通の40代サラリーマン『やすべえ』が、思った事や、感じた事、撮った写真などを記録するメモ帳型ブログ

この時期体調を崩しやすい人必読!季節の変り目だし、風邪だと思いこんでいませんか?ひょっとしたら花粉症かも?

f:id:yasubelog:20180414145913j:plain

出典:ぱくたそ-フリー素材・無料写真ダウンロード より

お題「花粉」

こんにちは、こんばんは、やすべえです。

 

  西武ライオンズの試合を観戦して以来、本文の書き出しが前日の試合結果から入るパターンに定着化しつつあるので、本日も書いていきたいと思います。

 

yasubeblog.hatenablog.com

 

 

 昨夜は、敵地に楽天生命パークに乗り込んでの楽天イーグルスとの今季初戦でした。

試合結果は、7対5で、西武ライオンズの勝利で終わりました。西武ライオンズのエース、菊池雄星投手は、これで今季、無傷の3勝目となりました。何とも頼もしい限りです。パチ、パチ、パチ!

 本当に、今年の西武ライオンズは強いです。バテないことを祈りたいと思います。(笑)

 それでは、本日の本題に入りたいと思います。

 

 

嫌な季節がやってきたかも…

 

 不思議な見出しから入りましたが、一般的には、本格的に春をむかえる、非常に過ごしやすい時期になるのですが、私にとっては、嫌な時期の到来です。

 何故か?というと、それは花粉症の時期に突入するからです。

 え、花粉症って、段々落ち着く時期じゃないの?と思われた読者のみなさまも大勢いらっしゃるかもしれませんが、それは、スギヒノキに限った話で、私の花粉症は、イネ科の花粉症なのです。

 

 

イネ科の花粉症の時期とは?

 

 一般的には、花粉症と言うとスギヒノキの事と思われる方が多いと思いますが、知られていないだけで他にも花粉症の原因植物は多数あります。

 花粉の原因植物と時期についてまとまった、分かりやすい表がありましたので、リンクを貼らせていただきます。

 

f:id:yasubelog:20180414112603j:plain

出典:花粉カレンダー|花粉症ナビ より

 

 上記表の中段に、イネ科の記載があります。同じような花粉症の原因植物の時期について取り扱っているサイトがあり、サイトによって期間に若干のズレがありますが、一般的にイネ科の花粉症は他の原因植物に比べ、非常に症状が出る期間が長いという特徴があります。関東では、4月中旬から花粉の捕集量が増えだし、10月中旬まで永遠と続きます。

※水色のラインでマークされている時期だけを書かせていただきました。

 正に今の時期がはじまる時期で、本当に、私にとって嫌な時期となるのです…。涙

 

 

私とイネ科の花粉症

 

 私がイネ科の花粉症になったのは、今考えてみると関西に転勤になった頃からだと思います。諸説ありますが、花粉症は、生活環境が変わる事により、突然なるケースがあるようです。

 私は、今から15年以上前、仕事の関係で関西へ転勤となり、大阪で6年間過ごす事となりました。その時が、花粉症になった時期かと思います。と言うのも、関西にいた頃は、自分が花粉症になっているという自覚はなく、いつもこの時期になると、季節の変わり目という事もあり、風邪で体調を崩しやすい体質と思っていたからです。

 花粉症の方はご存知だと思いますが、鼻水目のかゆみ、喉の痛み、微熱、何とも言えない身体のダルさ…という症状が出てきます。この症状って、実は風邪の症状にスゴく似ています。本格的に春をむかえる、季節の変わり目なので、ずうっと風邪なんだと思いこんでいました。

 恥ずかしい話ですが、この症状が花粉症から来ている、ということに自分自身で知ったのは、東京に戻ってきてからなので、今から約5年前頃になります。

 

 

花粉症と分かった理由

 

 関西にいた頃は、ずうっと風邪だと思い、毎年この時期になると近くの内科を受診していたのですが、頂いた薬を飲むと、少しは和らぐのですが、完治するまでには至らず、ピークの時期を過ぎると症状が改善される為、ダラダラとこの症状とお付き合いする日々が毎年続いていました。

 

 6年間の関西勤務が終わり、今の住まいに戻ってからも、この時期に、風邪気味の症状が出はじめたので、近くの病院を訪れました。

 当然、先生との問診で風邪気味と言う症状を伝えたので、先生も風邪だろうと思い込み、風邪用の薬を処方し、しばらく様子を見ながら飲み続ける事となりました。よくあるパターンです。しかし、薬を飲み続けても、症状は改善する事はなく、次第に深刻になり、しまいには、医師から肺炎用の薬(吸入式の薬)を処方される事態に…。

 これは、流石に違うんじゃないかな?と自分自身でも思い、現在お世話になっている近くの内科を受診することにしました。そして、今の私の辛い症状、以前通っていた病院との一連のやり取り、処方された薬等の話しをしました。すると、アレルギーが原因かもしれないから血液検査をしてみましょう!という事になり、採血をしてもらい、数日後、イネ科のアレルギーがある事が判明し、それが花粉症の症状として、具合を悪くしていることが分かりました。

 それ以降、この時期になると花粉症の症状が出てきますが、アレルギー用の薬を朝、晩、食事の後に飲むことにより、症状を抑えていると言う状況です。

 

 

まとめ

 

 私と同じく、花粉症なのに風邪と思い込んでいる読者の皆さまもいるのではないでしょうか?病院に行かずに、市販薬を飲み続けているけど、一向に改善しない。また、病院に行って、風邪と診断され、薬を飲みづづけているけど改善しない。という方は、一度、アレルギー検査をする事をオススメします。ひょっとしたら、花粉症かもしれませんよ!

 

 それでは、最後までお読み頂きましてありがとうございます。もしよろしければ、『⭐』、もしくは『読者登録』ポチをお願い致します。
 これにて、失礼させて頂きます。