拘(こだわ)り人『やすべえ』のブログ

拘り人『やすべえ』が体験した事や、周りで起きた事、感じた事を好きなように書くブログ

『ねこ』と『私』、『いぬ』のくろべえについて書いてみた。

f:id:yasubelog:20180224160546j:plain

出典:ぱくたそ-フリー素材・無料写真ダウンロード より

今週のお題「ねこ」 

こんにちは、こんばんは、やすべえです。

 

 今日は休日で時間が作れたので、ブログを書いていこうと思います。前にも書きましたが、一日書かなくなるだけで、『アクセス数』が一気に落ち。寂しくなります。

 

 

 今回は、久々に『今週のお題』について書こうと思います。

 

2月22日は、『ねこの日』

 

 2月22日は『猫の日』。『ニャン・ニャン・ニャン』なんですね…。はじめて知りました。本当かな?と疑り深い私は、思わずググってしまいました。

猫の日(ねこのひ)は、日本の猫の日実行委員会が1987年に制定した記念日であり、2月22日に定められている。猫の日は世界各国で制定されており、ロシアは3月1日、アメリカ合衆国は10月29日である。動物愛護団体・国際動物福祉基金が決めたInternational Cat Day (World Cat Day) は8月8日。ヨーロッパの多くの国がWorld Cat Dayとしてる日は、2月17日である。                 猫の日 - Wikipedia より引用

 

 確かに書いてありました。初めて知りました。しかも、国によって日にちは違うんですね。

 

では、いぬの日は?

 

 ねこの日があるなら、『いぬの日』もあるのかなと思い、ちょっと脱線し調べてみました。

犬の日(いぬのひ)とは、社団法人ペットフード協会により1987年(昭和62年)に制定された日本の記念日である。犬の鳴き声である「ワン (1) ワン (1) ワン (1) 」にちなみ11月1日と決められた。

犬についての知識を身につけ、犬をかわいがる日とされている。

                            犬の日 - Wikipedia より引用

 

 やっぱりありました!しかもコチラも『「ワン (1) ワン (1) ワン (1) 」』の当て字で、11月1日。との事でした。

 

その他の動物の日は?

 

 あれ?と思った読者の方、いらっしゃませんでしたか?私は、その時、何で1月11日じゃないのかな?と思いました。2月22日のねこの日に近いし…。理由について色々と調べてみましたが、最終的には分かりませんでした。

 収穫としては、他にも動物の日はあり、3月1日は「豚の日」、3月3日は「ウサギの日」、毎月28日は「鶏の日」、10月4日は「世界動物の日」などがあるようです。

今日は猫の日!猫の日、犬の日、うさぎの日、誰がいつ決めたの?ペットの記念日について | ペット生活 より引用

 

ココからネコの話です。

 

 ちょっと脱線しすぎましたね…。

 それにしても、今、ねこ人気はスゴイんですよね。この前、こんなニュースをみました。ペット数の登録が、いぬをねこが逆転したと言う内容です。

 

www.asahi.com より引用

 

 また、このニュース内の記事でも書いてありましたが、動物写真家の岩合光昭さんの人気もスゴイですよね。私の勤務しているお店でも、岩合光昭さんの文化催事を時々行いますが、いつもスゴイ人気です。

 折角なので、岩合光昭さんの公式ホームページもリンクを貼っておきます。

 

www.digitaliwago.com より引用

 

『ねこ』ではなく『いぬ』?

 

 ココからは、私と『ねこ』について書いていこうと思います。と書いていきたいところですが、実は、『ねこ』を飼っているわけでもなく、また飼おうと思っている訳でもありません。正直申し上げると、実は、動物が苦手な人なのです。

 しかし、もう亡くなりましたが、我が家では、いぬを飼っていた時期がありました。しかも、黒色のラブラドールレトリバー。名前は『くろべえ』と言いました。私が犬嫌いのを知っていて、強引に家族はいぬを飼ったのです。(笑)

 

f:id:yasubelog:20180224162111j:plain

                                                      出典:Free Images - Pixabay より

 

 そんな事もあり、家族は私に黙って買ってきたため、『私が、ある日家に帰るといきなりいぬが居た!』という漫画の様なものでした。そして、ビックリして、リビングの机に飛び乗ったのを今の事のように覚えています。(笑)

 その後、くろべえには、触ることは何とか出来るようになりましたが、最後の最後まで慣れることはありませんでした。

 

娘がねこを…

 

 妻は、私と同じく動物嫌いなのですが、口では言わないが、娘はねこが好きなようです。 そして、飼えるなら飼いたいようなのです…。今は、ぬいぐるみで我慢させています。(笑)

 

 

まとめ

 

 大分、今週のお題とはズレてしまいましたが、こんな感じになりました。

 

  それでは、最後までお読み頂きましてありがとうございます。もしよろしければ、『⭐』、もしくは『読者登録』ポチをお願い致します。
 これにて、失礼させて頂きます。